続・時の迷路

Posted by & filed under 迷路, 香山元太郎.

作者:香山元太郎

迷路シリーズの第6弾。『時の迷路』につづく“歴史”がテーマの迷路絵本。
舞台は日本の江戸末期から明治・大正・昭和時代。黒船が来航した江戸時代の海岸の村、
明治時代の文明開化で変貌を遂げた町、昭和時代の高度成長期の炭鉱の町など、
歴史考証イラストレーターの著者が描いたそれぞれの時代の12の場面の中には、
迷路とかくし絵があります。設問にしたがってそれらをといて、「時のトビラ」をくぐると、
次の時代へと進んでいきます。全場面をクリアしたあとにも、新たな設問がまっていて、
1冊で何度でも楽しめます。
小さな子どもでもできる迷路やかくし絵から、大人でも悩んでしまうような
難易度の高い問題まで、年齢が異なる子ども達や大人が一緒になって、
コミュニケーションをとりながら、家族みんなで楽しめる迷路絵本です。
時代考証をふまえた緻密な絵は、歴史学習の教材にもなります。

Tags: